accessory : Black Metal Hood for SEL35F28Z

Black Metal Hood for SEL35F28Z

ebayに注文していたSEL35F28Z用のフードが届いたので是非自慢させてください。

自慢といっても別に私が作ったわけではなく、かっちょいいので嬉しいだけなんですが、純正のあまりカッコよくない上になぜか2つにカパッと分解してしまうフジツボフードと比べると格段の良さと思います。

写真はRX100M3で、散歩スナップ中に撮りました。こちらもZeiss銘のレンズであることには違いありません。

話を戻してこのフード、ねじ込み式ではなくバヨネット式のものなので、ちゃんとカチッと留まってフードの角度もカメラの底部ときちんと平行。当たり前のようで社外品では意外とないもので、良いものを見つけたと喜びました。

Amazon.co.jpで扱っているなら迷わずアフィリンクを貼るのですが、こちらはebayおよびAmazon.comにしかないようです。およそ38ドルに消費税が付くので余裕で4000円を超えてしまうのですが、あの純正の変わったフードも2600円強しますから、そう悪い買い物でもないかも、と思ってしまいました。

 

このレンズ自体、最近そんなに使っていなかったのですが、旅先でスナップとなるとたいへん強い味方です。

今日、動画にも協力してくれているてっぺーさんとあれこれチャットしたのですが、行った先の空気の感じ、ガリガリものの度合いによって同じ焦点距離でもレンズの相性があるよ、という話をしまして、そのあたりもいつか実証したいですね。

Vimeoの有料動画販売ではそういったマニアックな比較テスト、たとえばPlanarとSonnarで写りがどう違うのか、みたいなことをやっておりまして、さらにその延長で、土地の空気、被写体のテクスチャー、雰囲気、RAW現像の方向性との相性、みたいなところを総合的にやってみたいと思っているんです。

もちろん自腹でやってしまうとメチャクチャな手間が掛かる上に尋常じゃない時間の動画になってしまうのでいきなり手を出すわけにいかない企画ですが、良い機会があれば、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top