snap : Vario-Sonnar T* 3.5-4.5/28-70 MMJ in Taiwan

2017年に台湾に行った際、無印α7と一緒に持っていったのがSEL35F28Zとこのレンズ、Vario-Sonnar T* 3.5-4.5/28-70でした。

わたくし安いレンズばかり買っておりまして、このVario-Sonnarも中古で3万円しなかった覚えがあります。

マクロモードも付いた便利なレンズなのですが、ピントの山がちょっと見えづらく、後で「あれっ!?」というほどピントを外していて恥ずかしい思いをすることもあります。α7RIIとSAL85F14Zの組み合わせに近いものがあります。α7RIIとこのVario-Sonnarだと、どうなっちゃうんでしょうね。

写りはMMJそのものの、しっかりこってりしてシャープ。全域で使えます。
一部ファーっとフレアが入ってしまっているものは、このとき買ったばかりで持って行ったContax→Eのアダプターの内面反射を処理しておらず、良い感じにドリーミーになってしまったもの。レンズのせいではございません。
しかし改めて見てみると、これはこれで湿度の高さが伝わってくるようでアリだな、とも思います。

ただ、開放でぽわぽわの写真ばかり撮ったり、こういった不可逆なエフェクトが付いてしまった写真というのは、そのエフェクトのブームが自分の中で過ぎ去ってしまったときに「使えない」写真になってしまうのですよね。
そのあたり考えた上で使わないといかんなと改めて思わされました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top