essay : EOS RP買いそうな気がします

 もうタイトルで言いたいことは言い尽くしてしまった気がしますがEOS RP良いですよね。

と言いながら写真はα7RII+SEL35F28Zです。

 小型軽量っていうところにはそこまでグイグイ惹かれないのですが、性能的にはべつに十分でありながら、あれこれ欲張らないところが大変魅力的です。

 きょう近所の家電量販店に買い物に行ったのでついでに触らせてもらったのですが、ボタンの数、配置などなど、「これは俺が趣味領域で求めていた完璧なカメラでは……」と、大げさにいえば感動してしまいました。

 EOS Kiss Xシリーズと同じ操作系統なんて! って一部のめんどくさい方には言われているそうですが(と店員さんがおっしゃってました)、私はヤシコンマウントのレンズが使える気楽なボディーがほしいな、というのが狙いなので、その割にはダイヤルが前後2つありますし、あれこれ機能は充実、しかも純正の35mmレンズも非常にできが良さそうで感心しました。

 そう、わたくしヤシコン用のSony製でないカメラってどうなんだろう、って最近気になって仕方がないんであります。Zeissレンズの特性で考えると、どうもNikonは違いそうなので早々に除外してしまいましたし、PanasonicもLeicaの薫陶を受けているだけあって方向性が違いそう。

 そういえばもともとCanonでZeissってヤシコン及びZEのコシナZeissでも使っていて相性良かったよなあ……と思い返していたところ、小型軽量で廉価な「はじめてのフルサイズ」EOS RPがアンテナに引っかかったわけです。

 画質的にはどうかしら、と帰ってきてからCanonのサイトを見てみますと、えらくオシャンティなまとめられ方をしているので「うっ」と拒否反応を示しそうになりつつも、繊細な写りをしていますし、とにかく色が普通にキヤノン色。
 EOS 6D MarkIIと同じセンサーだという先入観もあってか、白の抜けがいまいち良くない気もしますが、そこは「ネガフィルム的だよねー」ということで許容範囲だなあと思います。

 もともとアマチュア~社カメ時代を経てフリーランスになって数年の間はキヤノンの一眼レフをずっと使っておりまして、5D3に行くのをやめてソニーのα7シリーズに移った身としては、懐かしさを感じる画質であります。

 パキッ! とした抜けの良さ、ある意味では冷たさの部分はメーカー全体で比べてもSonyが優位と思いますが、α7やα9、α7RII、α6300や6000を使っている身としては、撮って出てきたデータが写真になっておらず、なにかしら主観に基づいて方向づけをしてやらないといけないこと、またいつまで経っても性能は過剰でありながらUIに関してはMFT陣営との比較でも圧倒的な劣位に置かれているSony機に疲れてしまった部分があります。

 いつも動画なんかでも言っていることなのですが、センサー性能は素晴らしいですし、ZeissがAFで使えるというのも素晴らしいことなのですが、機械の至らない部分を使い手が我慢して補ってなんとか、というのが間違いなくSonyカメラの使い方。

 それに対して、CanonおよびNikonに関しては、写真を撮る人間が使うのを大前提として開発され、また世界中に多数いる現役のプロフェッショナルたちの食い扶持を下で支える覚悟を感じるモノづくり、UIづくりをしているのがありありと伝わってきます。

 私の場合は仕事でもSony製品を使っておりまして、まあ人間側がフィットしなければならないのはZeissをAFで使う税金みたいなものと割り切っていますので良いですが、仕事を離れた領域でこそ楽がしたいと思いまして、RPが気になってしょうがないしょうがない、という状態です。

 実際、このブログはZeissレンズだけで撮るぜ、が主旨ですし、私ももともと良けりゃどこのボディーでも使いますよ、ですからね。もう少し検討しようと思っていますが、基本的に買う方向で行っちゃうと思います。

 ちなみにこのブログを書いている2019年5月の時点で、RPが14万円弱、Rが20万円弱です。Rもお安くなりました。

 Rはちょっとボタンが多すぎるので、画質は素晴らしいよなあと思いつつもちょっとパスかなあ。パキッとした絵が欲しい場合はRでしょうが、ほとんどヤシコン専用機になると考えるとRPの少々もったりした画質でもアリかなと思っています。

 ちなみに、あれこれ作例を見せてもらった結果、RPは日常スナップ~人物ハッピー系の写真は得意そうですが、ネイチャー領域はあんまり得意そうじゃありませんね。

 ふだんα7R系のボディーで高解像度のキラキラ写真を撮っている方からすると、意外ともったりしているので物足りなくなってしまうと思います。

 私の場合は、α7RIIは、たとえばカラーの街角スナップで使用すると逆に高解像度、高解像力すぎるのが邪魔と思っていますので、余計にRPアリだなと。今日アップしたようなハードなモノクロには素晴らしいのですが、色のコントロールが難しくてどうしようもありません。RIIできれいに色を出してる方、すごいと思います。

 そういった向き不向きもありますし、結局機材って買わなきゃ分からない世界なのがネックですよね。RPにヤシコンを装着して撮る写真、見てみたいのに撮っている人が見当たらないので私がやるしかないんでしょうねえ……

[jetpack-related-posts]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top