snap : Distagon T* 2/35 ZE on A7RII

 α7RIIとCosina ZeissのDistagon T* 2/35の相性は如何に!? ということで試してみました。

 α7系のボディーを使っておりますと、Sigma MC-11を始めとして色んなメーカーからCanon EFレンズとSony Eボディーをつなげてくれるアダプターが出ているもんですから、ZeissファンのわたくしとしてはZEレンズが使いたくなります。

 実際に使ってみますと、写りは「なるほど、両者の印象をかけ合わせたまんまだわ」ってなるのですが、画質面での相性のみならず、ボディーの形状と重量バランス、さらには測光時のEVF表示と撮影時の露出の食い違いなんかが積み重なって「使い辛いなあ」となってしまいました。

 肝心の写りの方も、シャープなのは良いことなんだけど、EFボディーにくっつけていたときのトーンが出ないなあ、と思って少しがっかりいたしまし。これは相性の問題なので仕方がないこと。

 かわりに、最近買ったEOS RPに同じレンズをくっつけてみたところ「これだよこれ!」と一人で盛り上がりましたので、そのうちまとめてお見せしたいと思っとります。

[jetpack-related-posts]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top