snap : Distagon T* 2.8/35 AEJ

ヤシコンのDistagon T* 2.8/35 AEJ

このレンズ、撮っていて「……なんか乗れないなあ」と思うレンズなんです。

ネット上の評価に詳しいわけではありませんので他の方の評価がどうかは分からないのですが、別に性能は良いんですよ。

RAW現像してみるときちんとシャープに写っているし、モノクロスナップに向いているなあ、と思います。

でも撮っていて、どうもわくわくしないレンズなんですよね。なので撮影時は自分の沈みゆくテンションとの戦いになって面白いレンズです。

 

撮っている時はあまりノリノリにならないレンズですが、最近つくづく、このレンズも含めAEJのレンズが好きなんだなあ、と痛感します。

もともとヤシコンが大好きで、その中でもちょいちょいさみしげな写りでたまんねえなあ、と思うものがあったのですが、ほぼAEJと、一部AEGなんですよね。

MMJのレンズもかなり好きなんですが、ちょっとこってりの度合いが過ぎます。微妙な違いといえば微妙な違いなのですが。

撮って軽くRAW現像して一発で感性にぴったり来るような写りをするのは(特にスナップ領域では)AEJの一連のレンズ群の方が私としては上なので、似たような写真が撮りたいかたはAEJをちょっと気にして撮られると面白いかもしれません。

もちろんこういうものは個人個人で撮りたいもの、撮りたい方向性が全く違いますから、どんどん試されると良いと思います。

 

 

1 Comment

  1. […] そう、地味だけど堅実。ということは撮っていて危険な香りのする、うきうき楽しいレンズではありません。退屈ということなかれ、と擁護したいのですが、先日のスナップのポストでも書いてしまっている通り、撮っていてグッと来ないレンズです。 […]

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top