snap : Loxia 2/50

Eマウント用MFのZeiss標準レンズ

そう、それがLoxia 2/50です。

わたくしお友達のてっぺーさんからお借りしまして、しばらく使ってみました。

高ぷるぷる度間違いなし。

 

Planar全般、意外とギシギシ表現もイケたりします。

 

見てこの立体感! 後ろのボケも基本的にスルスルと流れるようです。

Planarファミリーのレンズの写りを表現する時、「ぷるぷる度」という言葉で表したりいたします。私が勝手になんですけど。

水やなんかの描写が瑞々しくってぷるぷるしているように見える様、という風に考えておりますよ。

 

絞っても立体感。

Loxia 2/50、操作としてはEマウントに直接くっつくMF専用レンズで、ぬるぬるーっと実にスムーズにMFできます。

絞りは、レンズを実際にお借りするまで知らなかったんですが実絞りなのね! 実絞りっていうのは、絞りを絞るとリアルタイムで暗くなる作り。
これ一眼レフだと悪夢のような劣った機構でありますが、ミラーレスのEVFの場合は必ずしも悪いとは言い切れないかな。

ただMFでピントを合わせる場合は、被写界深度が浅い方がピントの山が見えるので、たとえばヤシコンのレンズをEマウントにアダプターでくっつけて使う場合はピント合わせの度に絞りを開放にしたりしています。

Loxiaの場合も、絞りをいったん開放にしてピントを合わせた方が正確なので、細かいものを撮るときはそうしています。絞りがヤシコンと違って1/3段刻みでカチカチ動くのが面倒ですが、かといってデクリックしちゃうのもなあ。難しいものです。

遠景も普通に撮れます。ちょっととろみがある感じの写りがPlanarらしいなあ

 

といった感じで、レンズレビューではないのであまり詳細なお話はしておりませんが、気持ちの良い写りのレンズというのが伝われば幸い。

[jetpack-related-posts]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top