snap : Vario-Sonnar T* 3.5-4.5/28-70 MMJ around Tokyo Station

ヤシコンVario-Sonnar T* 3.5-4.5/28-70 MMJで撮る東京駅周辺

貧プラのほうと同じ日に、ヤシコンの標準ズームであるこのレンズでもちょちょっと撮影をしておりました。
ボディーがα9なので、もう手ぶれ補正は内蔵だわファインダーが見やすいわで何も問題がありません。便利な世の中になったものよ……というほどフィルム時代にめちゃくちゃ撮ったわけでもないんですが。


どうしても撮っちゃう黄色のぼこぼこ。
VarioのSonnar、つまりバリアブルに画角が変化させられるズームのSonnar、レンズ構成がSonnar的であるかどうかというのは正直よく分かっておりませんが、何はともあれ優等生でしっかり写り、かつ繊細で情緒豊かな表現をするレンズというのは変わりありません。
唯一の問題は、Youtubeなんかでもよく言っている通り、ピントが合っているはずだと思って写したのにピント意外なくらい合ってないじゃん現象が起きることくらい。
浅いところから光が差し込む被写体ってものすごく撮りたくなりますよね。さらにひび。
色はさらさらっとしていますが、物足りないわけでは全くありません。
光をとらえる。
 前述の通り、ピントの山がめちゃくちゃ見えやすいレンズというわけではないもんですから(かといってシャープじゃないわけじゃないんですよ。作例の通りきちんとピントを合わせればシャープ。)、とっさのスナップ的なところは多少難しく感じたりもいたします。
 ぶっちゃけAF全盛の時代に、スナップでMFをやっていると心と目が疲れてきたりしますから、そういう時は無理せずAFのレンズをしばらく使うのもアリだと思います。
 AFは飽きる。MFは疲れる。が座右の銘です。
グラデーションが得意です。
金属の反射も実に良い。ってレビュー記事ではなかったですね。
 はい。なんでもそつなくこなし、しかも軽くて安い。凄いレンズですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top